ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年11月16日 13時16分 公開

楽天、西友株式の20%を取得 DX加速

楽天は、米投資ファンドのKKRと、米Walmartが保有する西友の株式の85%を共同で取得する。小売店のDX化を支援する新会社「楽天DXソリューション(仮)」も設立。西友のDX化を進める。

[ITmedia]

 楽天と、米投資ファンドのKKR(Kohlberg Kravis Roberts)は11月16日、米Walmartが保有する西友の株式の85%を共同で取得すると発表した。楽天が発行済み株式の20%、KKRが65%を取得。WalMartは引き続き15%を保有する。

 取得額は明かしていないが、西友の企業価値を1725億円と見積もって取引するという。

画像 ニュースリリースより

 楽天は、小売店のデジタルトランスフォーメーション(DX)化を支援する新会社「楽天DXソリューション(仮)」を通じて西友株式を取得。楽天の会員基盤や技術、KKRのコンサルティングにより、西友のDX化を進める。

 具体的には、アプリを使った買い物や、新たなキャッシュレス決済の導入、オンラインと実店舗を融合させたサービス、低価格商品群の拡充などに取り組むという。

 楽天とWalmartは2018年に提携し、「楽天西友ネットスーパー」を共同で運営してきた他、米国で電子書籍サービス「楽天Kobo」の展開でも協業してきた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.