ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年11月20日 06時15分 公開

Adobe、Arm版Windowsに最適化した「Photoshop」β版を公開 Surface Pro Xでネイティブ動作

M1搭載MacとSQ1搭載Surface Pro Xが仲良くPhotoshopをネイティブで動かせるように。

[松尾公也,ITmedia]

 米Adobeは11月17日(米国時間)、フォトレタッチソフト「Adobe Photoshop」をArmプロセッサを搭載したWindows PCでネイティブ動作するβ版「Photoshop (Beta) for Windows ARM 」を公開した。米MicrosoftのArm(米Qualcommと米Microsoftの共同開発によるArmベースプロセッサである「SQ1」)搭載ノートPC「Surface Pro X」が対象。Adobeは同日、同じくArmベースのM1プロセッサを搭載したMacに対応したPhotoshopのβ版もリリースしている

photo Surface Pro X

 メモリ8GB以上を搭載し、Windows 10 build 19041.488をインストールしたSurface Pro Xが動作対象。Surface Pro XにCreative Cloudデスクトップ版をインストールしていれば、Beta Appsという項目が現れ、インストール可能になる。

photo Creative CloudアプリにBeta Appsという項目が現れる

 同社によれば、現在のバージョンはいくつかの制限があり、エフェクトやデバイスサポートには使えないものがある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.