ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年11月26日 04時55分 公開

AWSで障害、「Nature Remo」「SwitchBot」などに影響 「電気消せない」と嘆く声【追記あり】

AWSの米バージニア州北部のデータセンターで障害が発生。複数のサービスが正常に動作しない状況が続いている。日本では「Nature Remo」「SwitchBot」などのスマート家電向けデバイスで不具合が発生。「電気を消せない」などの声がTwitterに投稿されている。

[ITmedia]

 米Amazon Web Services(AWS)の米バージニア州北部のデータセンターで、11月25日午前10時ごろ(米国太平洋標準時)から障害が発生している。この影響で、データ分析サービス「Amazon Kinesis」、クラウド型CDNサービス「Amazon CloudFront」などが正常に動作しない状況が続いている。

photo AWSのステータスページ

 障害の影響で、日本でも25日夜ごろ(日本時間)から、スマートリモコン「Nature Remo」、家電をスマート化するIoTデバイス「SwitchBot」など、AWSに接続するスマート家電向けデバイスで不具合が発生。Twitter上では「電気を消せなくなった」「家電を操作できない」などの報告が相次いでいる。

 AWSのステータスページによると、北米のリージョンでは、上記に加えてAWSの監視ツール「Amazon CloudWatch」、アプリケーション間のデータを接続するサービス「Amazon EventBridge」、IoTデバイスをAWSに接続するサービス「AWS IoT Core」なども正常に動作していない。

 欧州、アジア太平洋、アフリカ、中東のリージョンで不具合が起きているのは「Amazon CloudFront」のみとしている。

 だがAWSによれば「障害の影響でステータスページの更新にも不具合が起きている」という。調査結果や復旧状況の報告に遅れが出る可能性もあり、同社は「解決に向けて努力を続けている」としている。

追記 AWSが段階的に復旧

 AWSは11月25日午後10時半(米国太平洋標準時)、不具合が生じていたサービスの多くが正常に戻り、残るサービスも段階的に復旧していると発表した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.