ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年11月27日 16時32分 公開

「NAVITIME」で列車遅延を考慮したルート検索が可能に

「NAVITIME」がリアルタイムの列車遅延を考慮したルート検索を始めた。対応路線は東京メトロ、都営地下鉄、JR東日本。

[片岡義明,ITmedia]

 ナビタイムジャパンは、ナビゲーションアプリ「NAVITIME」(iOS/Android)で、リアルタイムの列車遅延を考慮したルート検索機能の提供を始めた。対応路線は東京メトロ、都営地下鉄、JR東日本。

 検索条件画面で「リアルタイム遅延考慮」をオンにすると自動的にルート検索する。これまでも列車遅延時に遅延情報を表示し、遅延区間を避けた迂回ルートが検索できたが、ユーザー自身が遅れを考慮して出発時刻を設定したり、一度ルート検索や対象区間を指定してから迂回ルートを検索したりする必要があった。

検索画面

 検索メニューの追加により、再検索の手間が省ける他、目的地到着までのルートと正確な到着時刻をすばやく把握できる。また時刻表にも遅れている列車を表示するため、乗りたい路線がどのぐらい遅れているのかを一目で確認できるという。

 列車遅延に関するデータは、「東京公共交通オープンデータチャレンジ」や「公共交通オープンデータセンター」で公開している列車情報や駅時刻表を活用する。

この記事について

この記事は、地図と位置情報のニュースを中心とした情報サイト「GeoNews」から加筆、転載したものです。URLはこちら


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.