ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年12月01日 18時40分 公開

Kyash、残高に年利1%の利息を付与 12月8日から

Kyashが、電子マネー残高に対し、年利1%の利息を付与するサービスを始める。開始時期は12月8日。利息は毎月1回、現金引き出しができない電子マネー「Kyashバリュー」形式で提供する。

[ITmedia]

 キャッシュレス決済のスタートアップKyash(東京都港区)は12月1日、ウォレットアプリ「Kyash」に入金された電子マネーの残高に対し、年利1%の利息を付与するサービスを始めると発表した。12月8日にスタートする予定。利息は毎日計算し、毎月1日に、現金引き出しができない電子マネー「Kyashバリュー」形式で提供する。

photo Kyashが利息の付与をスタート

 付与の対象となるのは、毎月1回以上Kyashで決済しているユーザー。銀行口座やセブン銀行ATMでのチャージ、コンビニでの現金チャージ、Pay-easy(ペイジー)を使ったオンラインチャージなどで入金された残高に利息を付与する。

 このサービスの開始に合わせ、事前に登録したクレジットカードやデビットカードなどから、Kyashに任意の金額を手動でチャージできる機能を12月8日に終了する。Kyashでの決済時に残高が足りない場合に、登録したカードを使って差額を自動で引き落とす機能は継続する。

photo ポイントの付与率も変更する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.