ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年12月03日 11時40分 公開

ニトリの偽サイトに注意 URLは「mitori」など IDやパスワード入れないで

ニトリの公式通販サイト「ニトリネット」を装った偽サイトで、IDやパスワードなどの入力を促す事象が発生している。

[ITmedia]

 ニトリホールディングスは12月2日、公式通販サイト「ニトリネット」を装った偽サイトでIDやパスワードなどの入力を促す事象が発生しているとして注意を呼び掛けた。すでに警察と対応を進めているという。

photo 「ニトリネット」を装ったサイト。URLが「https://www.mitori-net.jp/」と表示される
photo ログインページでメールアドレスやパスワードの入力を求められる
photo 本物の「ニトリネット」

 ITmedia NEWSが確認したところ、URLが「https://www.mitori-net.jp/」と表示される偽サイトと思われるサイトを確認できた。ニトリによると、偽サイトの特徴は以下の通り。

  • 連絡先の電話番号が掲載されていない
  • 不自然な日本語表現が見受けられる
  • 取り扱い商品価格が極端に安い
  • 銀行口座名が運営会社と一致しない
  • 連絡先アドレスがフリーメールアドレスになっている

 ニトリは、すでに警視庁サイバー犯罪対策課と北海道警察と連携して対応を進めているという。プロバイダーとレジストラへWebサイトの削除を要請し、警視庁サイバー犯罪対策課へ有害サイトとしてフィルタリング登録などを行ったとしている。

 ニトリの公式通販サイトはニトリネットの他、「楽天市場店」と「Yahoo!店」のみ。ニトリは偽サイトへのアクセスや、ニトリネットで使用しているID、パスワードなどの情報を入力しないよう呼び掛けている。

photo ニトリによる発表

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.