ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年12月09日 11時45分 公開

「CP+」はオンライン開催のみに 新型コロナ再拡大で パシフィコ横浜の展示会を中止

カメラ映像機器工業会は、新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、パシフィコ横浜で2月に開催する予定だったカメラ見本市「CP+2021」の展示会を中止すると発表した。

[ITmedia]

 カメラ映像機器工業会(CIPA)は12月9日、新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、パシフィコ横浜で2021年2月に開催予定だったカメラ見本市「CP+2021」の展示会を中止すると発表した。オンライン開催に一本化する。

CIPAの告知

 CP+2021はパシフィコ横浜の展示ホールとオンライン開催が複合した新しい形を目指していたが、「現在の新型コロナウイルス感染者数の急速な再拡大という事態により、やむなく展示会中止という結論に至った」という。

 「CP+2021 ONLINE」の会期は2月25日から28日まで。アーカイブは3月末まで公開する。入場事前登録は21年1月20日から。

 CP+はカメラ関連のメーカーが集う国内最大級の見本市。毎年6万〜7万人が来場し、機材に実際に触れられる貴重な機会となっているが、前回の「CP+2020」はコロナ禍の影響で中止した。

CP+は機材に実際に触れられる貴重な機会(写真は2019年のCP+)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.