ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年12月14日 13時30分 公開

映画「鬼滅の刃」が興収300億円超え 公開2カ月で MX4D、4DX上映を開始

映画「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」の興行収入が公開から59日間で302億円を超え、歴代1位の「千と千尋の神隠し」に迫っている。

[ITmedia]

 映画「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」の興行収入が公開から59日間で302億円を超え、歴代1位に迫っている。日本で公開した映画の歴代興行収入ランキング1位は「千と千尋の神隠し」(2001年)の308億円。

映画「鬼滅の刃」公開前の歴代興行収入ランキング(10月25日時点、興行通信社調べ)

 12日土曜日は40万人を超える観客を動員し、1日の興行収入は5億8840万8200円。翌13日の日曜日も24万人が劇場に足を運び、興行収入は3億5100万3000円だった。公開から59日間の累計観客数は2253万9385人、興行成績は302億8930万7700円となった。

 12月26日からは全国82の劇場で「MX4D」「4DX」上映を始める。映画のシーンに合わせて客席のシートが前後左右上下に動き、香りや風、霧などのエフェクトで臨場感を高める。MX4D、4DXの劇場では入場者特典として先着30万人に「無限列車切符風アクリルキーホルダー」を配布する。

「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」のMX4D、4DX版ポスター

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.