ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2020年12月15日 12時44分 公開

はやぶさ2のカプセルに、リュウグウ由来の粒子を確認

JAXAは14日、小惑星探査機「はやぶさ2」から切り離されて地球に戻ってきたカプセル内に、小惑星リュウグウ由来のサンプルを確認したと発表した。スコープカメラで撮影したサンプルコンテナ内部の写真も公開した。

[ITmedia]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は12月14日、小惑星探査機「はやぶさ2」から切り離されて地球に戻ってきたカプセル内に、小惑星リュウグウ由来のサンプルを確認したと発表した。スコープカメラで撮影したサンプルコンテナ内部の写真も公開した。

画像 スコープカメラで撮影したサンプルコンテナ内部の様子(C)JAXA
画像 サンプルコンテナの構造 (C)JAXA

 カプセルは12月6日に豪州で回収。8日にJAXA相模原キャンパス(神奈川県)に搬入され、サンプルコンテナの開封作業を行ったところ、14日、サンプルコンテナ内部にリュウグウ由来とみられる黒い砂粒状のサンプルを確認できた。

 これは、サンプルが格納される容器「サンプルキャッチャー」の入り口に付着していた粒子と考えられるという。JAXAは引き続き、サンプルキャッチャーを開封し、サンプルの取り出しと分析を行っていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.