ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年12月16日 14時29分 公開

「LINEの色」が変わった理由 デザイナーが明かす

LINEのブランドカラーの緑の色味が変わった。従来の緑より少し明るく、青みを増した緑に。その理由は?

[岡田有花,ITmedia]

 LINEのブランドカラーの緑の色味が12月のアップデートで変わり、アプリアイコンの色も変わった。従来の緑より少し明るく、青みを増した緑になり、15日にはTwitterトレンドトップに「LINEの色」が入るなど、ユーザーを驚かせている。

 なぜLINEは「色」を変えたのか。公式ブログでデザイナーチームが明かしている

画像 従来のアイコン(左)と新しいアイコン

 色を変えた狙いは、さまざまなサービスが詰まった画面をよりシンプルに見せ、コンテンツに集中できるようにすることだ。

 LINEは2011年の開始以来、漫画、音楽などコンテンツサービスやモバイル決済サービスなど、多種多様なサービスを追加してきたが、従来のデザインのままで追加が続いたため、画面が複雑に見えて情報が読みづらくなっていた。

 新デザインでは、トップ画面上段にあったネイビーのヘッダーを白に変えることで、より明るく画面が大きく見えるようにした。従来のLINEの緑は、ネイビーを考慮した色だったため、ホワイトがメインの画面に合うように、グリーンの明度と彩度を調整したという。

画像
画像

 デザインのリニューアルプロジェクトは3年ほど前に開始。200枚を超えるデザインテストから、新たなデザインを決めていったという。

 微妙な色の変化のため、ユーザーからは「気づかなかった」という声も。気づいたユーザーは「この色のほうが好き」「違和感があってなかなか慣れない」など、さまざまな感想が出ている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.