ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年12月18日 06時49分 公開

WebブラウザのM1 Macネイティブ対応、Firefoxが完了 EdgeはCanary版公開

主要WebブラウザのM1 Mac対応が出そろった

[松尾公也,ITmedia]

 米Mozillaは12月15日(米国時間)、Webブラウザ「Firefox」バージョン84.0をリリースした。M1 Macに最適化し、Intel版でも動作するUniversalバイナリだ。SpeedoMeter 2.0のベンチマークではRosetta 2によるエミュレーションの2.5倍高速で、Webアプリの応答性能は2倍に達するという。

photo Firefoxバージョン84.0のリリースノート
photo Firefoxバージョン84.0の情報

 Apple SiliconのM1プロセッサを搭載したMac向けのWebブラウザとしては、Apple純正のSafariの他に「Google Chrome」が既にネイティブ対応を完了しているが、MicrosoftのChromiumベースWebブラウザ「Microsoft Edge」は、InsiderプログラムのCanaryとしてM1 Macに対応した。通常版と並行してインストールし、使うことができる。インストーラーはIntel版とApple Silicon版を選択する形だが、インストールされるのはUniversalバイナリだ。

photo Edgeの情報
photo Canaryプログラムではプロセッサによってインストーラーを選ぶ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.