ITmedia NEWS > セキュリティ >
速報
» 2020年12月23日 13時29分 公開

Microsoft、McAfee、Citrixなど、ランサムウェア対策タスクフォース「RTF」結成

MicrosoftやMcAfeeなどの19組織が、企業のPCのデータを人質にとり、身代金を請求する悪質なランサムウェアの標準的な対策を構築する目的で、「Ransomware Task Force」(RTF)を結成した。

[ITmedia]

 米Microsoftや米McAfeeなどの19組織が、ランサムウェア(Ransomware)対策のためのタスクフォース「Ransomware Task Force」(RTF)を結成した。メンバーの1社である米Institute for Security and Technologyが12月21日(現地時間)に発表した。

 rtf

 ランサムウェアとは、攻撃者が何らかの方法で被害者のPCを“人質”にとり、身代金(ransom)を請求するために使うマルウェアの総称。メールのリンク先や添付メールをクリックすることで感染することが多く、その手口は年々高度化している。

 現在、ランサムウェア対策はさまざまだが、そのギャップの調整が必要だ。RTFは、業界全体のコンセンサスに基づいたランサムウェア攻撃対策のフレームワーク標準化を目指す。そのために専門家に論文を依頼し、業界全体の利害関係者を関与させて、対策を統合していく。

 RTFは来年1月に公式Webサイトを立ち上げる計画だ。21日の発表段階のメンバーは以下の19社。セキュリティ企業、ネットワーク機器ベンダー、非営利団体、シンクタンク、法律事務所など業種は様々だ。

  • Aspen Digital
  • Citrix
  • The Cyber Threat Alliance
  • Cybereason
  • The CyberPeace Institute
  • The Cybersecurity Coalition
  • The Global Cyber Alliance
  • Institute for Security and Technology
  • McAfee
  • Microsoft
  • Rapid7
  • Resilience
  • SecurityScorecard
  • Shadowserver Foundation
  • Stratigos Security
  • Team Cymru
  • Third Way
  • UT Austin Stauss Center
  • Venable LLP

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.