ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年12月24日 16時05分 公開

楽天と日本郵便が戦略的提携 新たな物流プラットフォームを構築 新会社設立も検討

楽天と日本郵便が、新たな物流プラットフォーム構築を目的として戦略的提携を結ぶと発表。新会社の設立を含む物流プラットフォームの共同事業化も検討する。

[ITmedia]

 楽天と日本郵便は12月24日、新たな物流プラットフォーム構築を目的として戦略的提携を結ぶと発表した。楽天がECサービス「楽天市場」で蓄積した需要予測や、日本郵便が持つ物流網など、それぞれのデータ・ノウハウを共有。新たな物流プラットフォームを構築する。新会社の設立を含む物流プラットフォームの共同事業化も検討する。

 新たな物流プラットフォームの構築に向け、効率の良い配送システムや、荷物を受け取る人にとって利便性の高いサービスの開発に協力して取り組むという。共同の物流拠点や配送網も新たに構築する。

 楽天と日本郵便は過去にも、ユーザーが楽天市場で注文した商品を、全国の郵便局で受け取れるサービスなどを共同で実施している。両社は今後も連携を強化し、他のEC事業者や物流事業者にも新たなプラットフォームへの参加を促すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.