ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年12月25日 11時24分 公開

ソフトバンクGも出資の自動運転企業Nuro、自動運転トラックのIkeを買収

無人で荷物を運ぶ小型自動運転車を手掛けるNuroが、無人配送トラックを開発するIkeを買収した。Nuroはまた、カリフォルニア州での無人配達者による商用サービスの許可を取得し、来年サービスを開始する。

[ITmedia]

 米自動運転関連新興企業Nuroは12月23日(現地時間)、自動運転トラックを手掛ける米Ikeを買収したと発表した。買収総額などの詳細は公表されていない。IkeのチームをNuroに統合し、2社共通の「自動運転車で人々の生活をより快適にする」というミッション達成を目指して協力していくとしている。

 Nuroは小型の自動運転車による物流サービスを、Ikeは無人トラックによる長距離物流サービスを開発している。

 nuro Nuroの無人配達車「Nuro R2」
 ike Ikeの無人配達トラック

 Nuroは既に2018年にIkeにライセンスを供与し、同社の株を保有している。ともに米Googleの「X」部門出身の創業者らは、これまでも協力してきた。Nuroの共同創業者でCEOのジャジュン・チュウ氏は後にWaymoとなるGoogleの自動運転プロジェクトの立ち上げメンバーの1人。Ikeの共同創業者でCEOのアルデン・ウッドロー氏はGoogleから米Uberに移り、共同創業者のジュール・ファン・デン・ベルフ氏と出会ってIkeを立ち上げだ。ファン・デン・ベルフ氏はGoogle Xから米Apple、米Ottoを経て、OttoのUberによる買収でUber入りした。

 Nuroは同日、カリフォルニア州の交通当局から同州の行動での無人配送サービスの開始許可を取得したことも発表した。この許可を得たのは同社が初。2021年初頭から配達業務を開始する計画だ。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.