ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2021年01月19日 17時48分 公開

オンライン「さっぽろ雪まつり」2月4日スタート 写真コンテストや雪像制作レポートなど

コロナ禍を受け、オンラインで開催される「さっぽろ雪まつり」の詳細が1月19日に公表された。市民によるフォトコンテストや、雪像づくりのレポート、過去の雪まつりをまとめた動画などを発信する。

[ITmedia]

 コロナ禍を受け、オンラインで開催される「さっぽろ雪まつり」の詳細が1月19日に公表された。「オンラインさっぽろ雪まつり2021〜みんなでつくる雪まつり〜」と題し、2月4日〜28日にかけて特設サイトで展開。市民によるフォトコンテストや、雪像づくりのレポート、過去の雪まつりをまとめた動画などを発信する他、市内の街頭ビジョンでの動画配信も行う。

画像 特設サイトより

 「さっぽろ雪まつり」は北海道札幌市の冬の風物詩。1950年にスタートし、例年2月に行われてきた。大通り公園に巨大な「大雪像」や中小の雪像が、「すすきの会場」には多数の氷像が設置され、多くの観光客を集めてきたが、今年はコロナ禍のためオンラインで開催することが決まっていた。

 オンライン雪まつりでは、「北海道の雪・札幌の雪」を題材にした写真投稿コンテスト「さっぽろ雪フォトまつり」を行ったり、「大倉山ジャンプ競技場」などで小・中型の雪像を制作してその風景を発信したり、雪まつりの秘蔵映像をまとめたショートムービーを公開したり、過去の雪まつりの大通会場の360度ビューを配信したり、限定グッズのオンライン販売などを行う。

 2月4日には、オンライン雪まつりを盛り上げるYouTubeライブ番組「ここが見どころ!オンラインさっぽろ雪まつり2021〜みんなでつくる雪まつり〜」 を配信する。

 また、大通公園・札幌駅前通で11月下旬から行っている「さっぽろホワイトイルミネーション」は、2月28日まで会期を延長する。

 札幌観光協会は、「地元の中高校生が設置した6つの雪像をきっかけに始まった雪まつりの原点にかえり、感染症拡大リスクを抑えながら、市民参加型のイベントを創出し、この冬ならではの楽しみを提供する」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.