ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2021年01月25日 10時03分 公開

Microsoft、「Xbox Live Gold」値上げ予告に批判殺到で一転「無料ゲームはサブスク不要に」

MicrosoftがXboxのサブスクサービス「Live Gold」の値上げを発表したが、批判が殺到し、「過ちを犯しました」と数時間後に撤回。さらに、無料オンラインゲームをサブスク不要にするよう努力するとしている。

[ITmedia]

 米Microsoftは1月22日(現地時間)、サブスクリプション制オンラインゲームサービス「Xbox Live Gold」の値上げを発表したが、多数の批判を受け、値上げを撤回した。「われわれは今日、過ちを犯しました。それを指摘してくださった皆さんが正しい」とし、価格を変更しないことを決定したと発表した。

 blog 公式ブログでの訂正

 当初の米国での発表では、Xbox Live Goldのサブスクリプション料金が年額59.99ドルから2倍の119.98ドルになる予定だった。これは、Xbox Live Goldのメンバーを年額179.88ドルで多様な特典のある「Xbox Game Pass Ultimate」に誘導する狙いとみられた。

 xbox 2 Xbox Game Pass Ultimateの日本での価格は月額1100円

 Microsoftは値上げを撤回しただけでなく、向こう数カ月中にXbox Live GoldのサブスクリプションなしでXboxで無料ゲームをプレイできるようにするよう努力すると発表した。

 ソニーのPlayStationや任天堂のNintendo Switchではもともと、無料ゲームのプレイにサブスクリプションは不要だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.