ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年01月25日 12時13分 公開

テレビの視聴履歴で番組をリコメンド フジテレビが実証実験 ネット対応テレビを活用

フジテレビは、インターネットに接続できるテレビが持つ番組の視聴情報などを分析し、データ放送で別の番組を紹介する「番組リコメンド実証実験」を実施する。2月1日から28日まで。

[ITmedia]

 フジテレビは1月25日、インターネットに接続できるテレビが持つ番組の視聴情報などを分析し、データ放送で“おすすめ番組”を紹介する「番組リコメンド実証実験」を行うと発表した。期間は2月1日から28日まで。

データ放送のメニュー画面におすすめ番組のバナーを表示

 関東地区にあるインターネット接続機能を持つテレビが対象。テレビからインターネット経由で収集した視聴履歴を分析し、データ放送のメニュー画面に類似した番組などのバナーを優先的に表示する。通常はテレビ局が指定した番組バナーを表示している。

テレビが持つ視聴履歴データをネット経由で収集、分析する

 ネット接続テレビは番組の視聴時刻や放送局、IPアドレス、機器(テレビ)の識別情報などを局側が収集できる。これを個人は特定しない形で活用し、番組の宣伝などにつなげる考え。

 フジテレビでは「番組のリコメンドサービスはネット動画などでは一般的だが、地上テレビ放送ではほとんど例がない。実証実験で技術面と運用面を検証し、視聴者の利便性向上を目指す」としている。

 視聴者が実験に協力しない場合は、データ放送ホーム画面の「視聴データについて」から「視聴調査」ページを開き「協力しない」を指定する。ネット接続機能を持つテレビは個々に設定する必要がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.