ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2021年01月26日 15時55分 公開

Hulu、「ウォッチパーティ機能」β版を日本でもスタート

動画配信サービス「Hulu」で、最大8人とチャットをしながら同じ動画を視聴できる「ウォッチパーティ」機能(β版)の提供が日本でも始まった。

[ITmedia]

 動画配信サービス「Hulu」を運営するHJホールディングスは1月26日、最大8人とチャットをしながら同じ動画を視聴できる「ウォッチパーティ」機能(β版)を日本向けに提供した。Huluの月額会員であれば無料で利用できる。対応機器はPCのみで、今後スマートフォンアプリに対応する。

photo Huluで「ウォッチパーティ」機能(β版)がスタート

 ホスト(主催者)がチャットルームを開設し、他のユーザーを招待すると利用できる。ホストは動画を選んだ後、ルーム名とニックネームを入力し、リンクとパスワードを参加者に送る。参加者はルームに入ると、ホストや他のユーザーと同じ動画を見ながらリアルタイムでコメントをし合える。ライブ配信と、作品単位で利用料を設けている「Huluストア」内の作品は対象外。

photophoto ホスト(主催者)が開設したチャットルームに参加者が入室する

 ウォッチパーティ機能を使うことで「コロナ禍で複数人で集まることが難しい中、離れた場所でも友人や家族とコミュニケーションを取りながら動画を視聴できる」(同社)としている。

 米Huluは2020年5月、米国でウォッチパーティ機能を試験的に提供。12月に正式リリースした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.