ITmedia NEWS >
フレッシュサマリ
Special
» 2021年03月02日 10時00分 公開

刻々と変わるビジネス環境、クラウド移行は待ったなし 誰に相談すればいい?

[PR/ITmedia]
PR

 柔軟でスムーズなテレワーク環境の構築やデータセンター廃止によるコスト削減など、クラウド移行にはさまざまなメリットが期待できますが、その効果を十分に享受するためには、企業ごとに適した事前準備が欠かせません。

 企業のIT活用を提案するJBCCでは、クラウド移行のコンサルテーションサービスを無償で提供しています。多くの企業が不安に感じているコストと、オンプレミスとクラウドのハイブリッド運用の問題に重点を置き、クラウド移行簡易診断、クラウド制約整理、移行プラン検討、非機能要件定義、アーキテクチャ策定の6つのフェーズを設定。約3カ月にわたって検証を実施します。一般的な移行プロジェクトで障害になりやすい制約整理には、約1カ月をかけて“フィット&ギャップ”の徹底的な洗い出しを行います。

 このサービスを利用して適切なサイジングや必要なリソースの可視化を実施した結果、データセンターからクラウドへの移行によって大幅なコスト削減に成功し、その差分をテレワークへの投資に充てることができた企業も出てきています。

 さらに、JBCCでは設計から構築、運用までをセットにしたクラウドサービス「EcoOne」も提供しています。この中に含まれる運用支援では、不要なサービスの削除やサーバ増強時の継続的なダウンサイジング、バーストインスタンスの適用など、クラウドの総保有コスト(TCO)を左右するさまざまな要件に対し、可視化ツール「Cloud Health by VMware」の活用によって最適な施策をプロアクティブに提案できます。

 コストを下げながらも新しい取り組みを推進していくという、クラウド・バイ・デフォルトの理念。JBCCなら、クラウドへの移行はもちろん、移行後もユーザー企業の利用状況を常に追跡して、ランニングコストの最適化やさらなる拡張をサポートできます。

 まずはオンプレミスからクラウドに移行するとどのくらいコスト削減効果ができるか診断してみませんか? Webで今すぐ診断できます。

Azure RI 1年無料プレゼントキャンペーン

今ならAzure RIを1年間無料で利用できるキャンペーンを実施中です。「RI=リザーブドインスタンス」とは、あらかじめAzureを1年間利用することを前提として、お得に利用できるサービスです。5社様までとなりますので、アンケートよりぜひご応募ください。

ITmedia NEWS編集部の「ここがポイント」

クラウドのメリットはあらゆる場所で耳にします。しかし、本当に自社の環境で効果が得られるのか、不安に思う担当者もいるはずです。特にこれからクラウド移行を考えている企業においては、「社内で検討を行うリソースすら足りていない」というのが実態ではないでしょうか。

とはいえ、コロナ禍で働き方が大きく変わりつつある中で“待った!”は効きません。

確かな実績のある企業にコンサルティングを依頼するというポジティブな判断が望まれます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:JBCC株式会社、SB C&S株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia NEWS編集部/掲載内容有効期限:2021年3月24日