ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2021年03月11日 11時39分 公開

M1 Mac対応Photoshopが正式版に Adobe「1.5倍高速化を確認」

PhotoshopのM1ネイティブ版が脱β。パフォーマンス向上が顕著だという。

[松尾公也,ITmedia]

 米Adobeは3月10日(米国時間)、M1チップを搭載したMacにネイティブ対応したフォトレタッチソフト「Adobe Photoshop」を正式リリースした。「全体を通して有意なパフォーマンス向上をもたらすことを内部テストで確認済み」という。同社はM1ネイティブPhotoshopのβ版を2020年11月に公開していた

photo

 同社内部のテストでは、「ファイルオープンや保存、フィルターの適用をはじめ、コンテンツに応じた塗りつぶし、被写体の選択など負荷の高い操作を含むアプリケーションの多くの部分で、同様に構成された前世代のシステムでの平均パフォーマンスから約1.5倍向上し、顕著に高速化されている」としている。

photo M1 Macのラインアップ

 ただし、クラウド上での「編集に招待」や「プリセットの同期」のような、Intelバイナリ版に最近加わった新機能の一部はM1ネイティブで動作しない。これらの機能を使う場合にはRosetta 2エミュレーションで使うことを推奨している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.