ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年03月18日 12時48分 公開

次期iPad Pro 12.9-inch (5th generation) はミニLEDバックライト付きの可能性

4月の登場がうわさされる新型iPad Proの12.9インチモデルについての情報。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 サムスン電子は2021年3月末にミニLED方式を採用した8K/4K液晶テレビ「Neo QLED」の出荷を開始し、ミニLEDバックライトの競争を激化させると、DigiTimesが伝えている

 ミニLEDバックライトを搭載した液晶テレビは、1万〜2万個のミニLEDチップを使用しており、サムスンは2021年に200万台のNeo QLEDテレビの出荷を目指していることから、既存のLEDメーカーでは、サムスンの需要を満たすだけのミニLEDチップを供給することができないと関係者は指摘。

 そこでサムスンは、韓国Seoul Semiconductor、中国San'an Optoelectronics、台湾EpistarをミニLEDチップの供給元として選び、3610万米ドルを投資してベトナムにミニLEDバックライト付きLCD TVの組立ラインを設置したと情報筋は話しているそうだ。

 Epistarは、次期iPad Pro 12.9-inch (5th generation) 用ミニLEDバックライトに使用されるミニLEDチップの独占サプライヤーとなり、対応する生産能力の約50%が同タブレット用に予約されており、2021年の第2四半期に大量出荷が開始される予定であるとしている。

photo

 Epistarの関連会社であるLextar Electronicsは、AU Optronics、Innolux、中国のLCDパネルメーカーと協力して、POB(package on board)ミニLEDバックライトユニット(BLU)とファインピッチRGB ミニLEDディスプレイを生産しているようだ。

photo

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.