ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2021年04月12日 13時25分 公開

ディスプレイに背景映像+手前に人物 東宝スタジオでCG+実写「バーチャルプロダクション」

ソニーPCLは、「東宝スタジオ」にソニー製の8K/440インチLEDディスプレイシステムを設置し、「バーチャルプロダクション」を研究開発へ。

[ITmedia]

 ソニーPCLは4月12日、都内の撮影スタジオ「東宝スタジオ」にソニー製の8K/440インチLEDディスプレイシステムを設置し、「バーチャルプロダクション」の手法を使った制作ソリューションについて、研究開発を行うと発表した。

【訂正:2021年4月12日 午後3時 初出時、見出しが誤っておりました。お詫びして訂正いたします。】

 ディスプレイに背景映像を流し、手前に実写の人物やオブジェクトを設置して再撮影することで、CGと実写を組み合わせた、後処理不要の映像制作を実現する。

 東宝スタジオは世田谷区内にある国内最大規模の撮影スタジオ。このスタジオを使うことで、スケール感のある多角的なバーチャルプロダクション手法の研究開発を行える他、CM・ドラマ・映画なども可能になるとしている。4月から期間限定で取り組む。

 ソニーPCLが、スタジオブロス、モデリングブロスとの3社で進めてきた「LAB.」活動の一環。昨年8月からソニーPCL本社(品川区上大崎)で展開してきた、ゲームエンジンを活用した映像表現の追求や映像ソリューション開発の加速が狙いという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.