ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年04月14日 10時08分 公開

Microsoft、4月の月例更新で悪用されたExchange問題を含む多数の脆弱性に対処 「Edge Legacy」は消滅

Microsoftが月例更新“Patch Tuesday”の配信を開始した。危険度最高19件を含む100以上の脆弱性が修正される。また、「Edge Legacy」はこの更新で消滅する。

[ITmedia]

 米Microsoftは4月13日(現地時間)、Windowsなどの脆弱性を修正する月例更新プログラムを公開した。危険度最高の「Critical」19件を含む、110件の脆弱性が修正される。

 ms

 この修正で、米国家安全保障局(NSA)から新たに警告を受けたリモートコード実行の脆弱性の欠陥(CVE-2021-28480およびCVE-2021-28481)も修正される。

 nsa NSAもTwitterで更新を勧めている

 また、Kasperskyが既に悪用されたと報告したWin32kの特権を昇格する脆弱性CVE-2021-28310も修正される。

 今回修正される脆弱性リストはこちらで確認できる。

 今回の月例アップデートではまた、予告通りEdgeブラウザの旧バージョン(Microsoft Edge Legacy)がChromium Microsoft Edgeに自動的に置き換えられる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.