ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2021年04月15日 10時41分 公開

Dell、傘下のVMwareのスピンオフで93億ドル以上の収益を見込む

Dellが2016年のEMC買収で獲得した傘下のVMwareをスピンオフする。これによって獲得する93億〜97億ドルを負債の返済に充てる計画。両社は独立起業として提携を続ける。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Dell Technologiesは4月14日(現地時間)、傘下のVMwareの81%の株式所有権をスピンオフする計画を発表した。取引は第4四半期(10〜12月)中に完了の予定。この取引により、Dellは93億から97億ドルの収益を得る見込みだ。Dellはこの収入を負債の返済に充てる計画。これにより、VMwareは独立した上場企業になる。

 dell 取引概要

 Dellは2016年の約670億ドルでのEMC買収で、EMC傘下のVMwareを獲得した。

 マイケル・デル会長兼CEOは声明文で「VMwareをスピンオフすることで、Dell TechnologiesとVMwareのさらなる成長機会を促進し、利害関係者に大きな価値をもたらすことを期待している。両社は引き続き重要なパートナーであり、顧客にソリューションを提供する方法に差別化された利点がある」と語った。デル氏はスピンオフ完了後もVMwareの会長を務める。

 2012年からVMwareのCEOを務めたパット・ゲルシンガー氏は2月に米IntelのCEOに就任し、現在はゼイン・ロウCTOが暫定CEOを務めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.