ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年04月21日 11時55分 公開

Google、3月22日の大規模Androidアプリ障害の原因と対策を発表

Googleは、3月22日に発生したLINEやGmailが使えなくなる大規模Androidアプリ障害の原因と対策を発表した。原因となったバグは既に修正済みだが、再発防止のためWebViewのプロセスを改善する。

[ITmedia]

 米Googleは4月20日(現地時間)、3月22日に発生した大規模なAndroidアプリ障害の原因となった「WebView」の問題の原因と対策についてまとめた報告書(リンク先はPDF)を公開した。

 webview

 問題はChromeとWebViewの「experiment & configuration」のバグだった。これにより、WebViewを組み込んだAndroidアプリが不安定になり、クラッシュしたと説明。このバグを修正する更新は、既にGoogle Play経由で配布した。

 この問題を受け、WebViewのシステムコンポーネントに関する変更管理とロールアウトポリシーを改善する。そのために、WebViewと本番環境に対応するために関連する依存関係を監査し、WebViewに「セーフモード」を実装し、テストの展開プロセスを改善する。

 Googleは、「サービス中断を防ぐために改善に取り組んでいる。ご協力に感謝する」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.