ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年04月21日 18時15分 公開

セブン-イレブン、ロボットでビル内に商品配送 1人でエレベーターにも乗れる

セブン-イレブンはアスラテックなど4社と共同で、自律走行型配送ロボットを使ったビル内での商品配送の実証実験を始めた。ロボットは自動でエレベーターに乗り、目的の階まで商品を運ぶ。

[齊藤拓,ITmedia]

 セブン-イレブンは4月21日、ロボットの開発を手掛けるアスラテック(東京都千代田区)など4社と共同で、自律走行型配送ロボット「RICE」を使ったビル内での商品配送の実証実験を、東京ポートシティ竹芝オフィスタワー内の店舗で始めた。RICEは自動でエレベーターに乗り、目的の階まで商品を運ぶ。実験期間は4月21日から6月30日まで。

photo

 実証実験にはセブン-イレブンの他、三菱電機、東急不動産、アスラテック、ソフトバンクが参加。実証実験では同ビルのオフィスで働くソフトバンクの社員が、商品の注文や受け取り場所の指定ができるサイト「セブン‐イレブンネットコンビニ」で商品を注文する。注文を受け取ると、セブン-イレブンの従業員がRICEに商品を載せて送り出す。

 RICEは自動でオフィス内のエレベーターに乗り、指定された場所へ商品を配送する。配送場所に到着すると注文者のスマートフォンに暗証番号を通知。注文者がRICEに暗証番号を入力すれば商品を受け取れる。配送可能な商品は約550点。

photo

 竹芝オフィスタワー内のエレベーターには三菱電機が提供するIoTプラットフォーム「Ville-feuille」(ヴィルフィーユ)が導入されており、ロボットのエレベーターへの乗り降り、人とロボットの安全な通行のサポートなど、ビル内での移動を補助している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.