ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2021年05月31日 13時37分 公開

量子インターネット実現へ メルカリが産学協同コンソーシアム設立

量子インターネットの実現と標準化を目指す産学連携のコンソーシアムを、メルカリが学術界と共同で設立した。名称は「量子インターネットタスクフォース」

[ITmedia]

 メルカリの研究開発組織「mercari R4D」は5月31日、量子インターネットの実現と標準化を目指す産学連携のコンソーシアム「量子インターネットタスクフォース」を設立したと発表した。

photo

 国内の量子インターネット研究者を集め、研究開発の方向性をまとめたり、テストベッドの構築を目指したりする組織。R4Dの研究・永山翔太氏をファウンダーに、国立情報学研究所、情報通信研究機構、東京大学、大阪大学、慶応義塾大学などから約30人が参加する。

 事務局は慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)に設置し、同大学環境情報学部のロドニー・バンミーター教授が統括する。

 R4Dは、量子インターネットアーキテクチャや通信プロトコルなどの研究に取り組み、コンソーシアムに貢献するという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.