ITmedia NEWS >
コラム
» 2021年06月24日 18時00分 公開

いまさら聞けない「○aaS」 AaaSからZaaSまでアルファベット順に紹介明日から使えるITトリビア

「aaS」(as a Service)は「サービスとしての」という意味だが、その前に付く1文字が何を意味しているか、分からなくなったことはないだろうか。この記事ではAaaS〜ZaaSまでアルファベット順に、その意味を確かめていく。

[荒岡瑛一郎,ITmedia]

 SaaS、IaaS、PaaS……最近「○aaS」という単語を目にする機会が増えた。何となく「クラウドを使ったサービス」ということは分かるが、詳しい違いを即答できるだろうか。

 各単語にある「aaS」は「as a Service」の略で「サービスとしての」という意味。つまり、今までPCで使っていたソフトウェアや演算機能をインターネット経由で提供するサービスということだ。

 最初のアルファベット一文字が、サービス化された特定の概念を表す。例えば「SaaS」なら「サービスとしてのソフトウェア」。頭に任意の文字を意味する「X」を付けて「XaaS」(X as a Service)とも総称する。各XaaSはどんな意味なのか。アルファベット順に見ていこう。

 なお、「○aaS」と付くサービスは語呂合わせから特定の製品名までいろいろある。ここでは、基本的にクラウド関連のXaaSを取り上げるが、一部それに限らない内容も含まれる点に留意してほしい。

いまさら聞けない「○aaS」 AaaSからZaaSまでアルファベット順に紹介 いまさら聞けない「○aaS」

AaaS(Analytics as a Service)

 「サービスとしての分析」。データの解析や分析をクラウド上で実行するサービス。

BaaS(Backend as a Service)

 「サービスとしてのバックエンド」。モバイルアプリケーションのバックエンド機能(データストアやSNS連携など)をクラウドと連携し、APIで呼び出すことで開発を効率化するもの。

CaaS(Crimeware as a Service)

 「サービスとしてのクライムウェア」。サイバー犯罪に使われるランサムウェアやフィッシング詐欺に使うソフトウェアなどをクラウド上で作成するサービス。

DaaS(Desktop as a Service)

 「サービスとしてのデスクトップ」。いわゆる「仮想デスクトップ」とされるもので、端末にソフトウェアをインストールすることなくデスクトップ環境を使うもの。

EaaS(Everything as a service)

 「あらゆるもののサービス化」。コンピュータ処理やアプリ動作に必要なリソースなど全ての機能をクラウド上で提供するという考え方。

FaaS(Function as a Service)

 「サービスとしての機能」。機能や関数といったプログラムの実行環境を提供するサービス。Amazonの「AWS Lambda」がこれに当たる。

GaaS(Gaming as a Service)

 「サービスとしてのゲーム」。クラウド上にゲームサーバを構築し、ストリーミング配信するもの。なお、定期的に新しいゲーム内容をアップデートするサービス形式で、売り切り型ゲームと反対のビジネスモデルを示す意味もある。

HaaS(Hardware as a Service)

 「サービスとしてのハードウェア」。仮想サーバを提供するもので、この延長がIaaSになる。

IaaS(Infrastructure as a Service)

 「サービスとしてのインフラ」。CPUやメモリなどハードウェアとOSなど開発に必要なインフラをクラウド経由で提供するもの。

JaaS

 メジャーかつ一般的な用法は現在見当たらない。

KaaS(Kubernetes as a Service)

 「サービスとしてのクバネティス」。アプリケーションを「コンテナ」と呼ばれる形にパッケージ化することで仮想サーバ上のコンテナエンジンで動作させる、オープンソースの基盤技術「Kubernetes」をクラウド上で実行するもの。

LaaS(Logistics as a Service)

 「サービスとしての物流」。物流業界でAIやIoTを活用して輸送を効率化したり、自動運転トラックを活用したりするという考え方。

MaaS(Mobility as a Service)

 「サービスとしての移動手段」。自家用車を除くバスや電車などの各種交通手段を一つのサービスとして捉えるもの。乗り換え検索や料金支払いなどをつなげることで実現する。

NaaS(Network as a Service)

 「サービスとしてのネットワーク」。企業のLANやデータセンター、セキュリティ対策などのネットワークインフラの構築や保守管理をサービスとして提供し、必要に応じて仮想化するもの。

OaaS

 メジャーかつ一般的な用法は現在見当たらない。

PaaS(Platform as a Service)

 「サービスとしてのプラットフォーム」。OSやミドルウェアなどアプリやシステム開発に必要なプラットフォームをクラウド経由で提供するもの。

QaaS

 メジャーかつ一般的な用法は現在見当たらない。

RaaS(Robotics as a Service)

 「サービスとしてのロボット」。ネットワーク経由でロボットを遠隔操作するサービス。

SaaS(Software as a Service)

 「サービスとしてのソフトウェア」。ソフトウェアやアプリケーションをインターネット経由で提供するもの。

TaaS(Truck as a Service)

 「サービスとしてのトラック」。輸送用トラックを所有するのではなく必要な時にレンタルして利用するというもの。クラウドは関係ない。

UaaS

 メジャーかつ一般的な用法は現在見当たらない。

VaaS(Video as a Service)

 「サービスとしての映像」。映像編集や視聴用のアプリケーションをクラウドを介して提供するもの。

WaaS(Windows as a Service)

 「サービスとしてのWindows」。米MicrosoftがWindows10発表時に、今後はOSのメジャーアップデートではなく定期的なアップデートを提供していくとしたもの。

XaaS(X as a Service)

 AaaS〜ZaaSの総称。

YaaS

 メジャーかつ一般的な用法は現在見当たらない。

「ZaaS」は一体何の略称?

 ここまでアルファベットA〜YまでのXaaSを見てきた。簡単な説明しか載せていないが、多くがクラウドの利便性を生かしたサービスを提供している。また、ここでは各アルファベットで1つしか取り上げなかったが、「○aaS」と付くものは他にも多数あった。

 最後に残った「ZaaS」は「Zangyou as a Service」というものがあるらしい。日本語にすると「サービス残業」というところか。ここに技術的な未来は見出したくないものだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.