ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2021年06月28日 09時56分 公開

Apple、医療機器への磁気干渉を警告 iPhone、AirPods、Apple Watchなど

Apple製品の磁石や電磁場がペースメーカーなどの医療機器に影響を与える可能性について、サポート情報を公開している。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 米Appleが、サポート情報「医療機器への磁気干渉の可能性について」を公開している。

photo 医療機器への磁気干渉の可能性について

 特定の状況下において、磁石や電磁場が医療機器に干渉するおそれがあり、多音えば、心臓植え込み型ペースメーカーや除細動器に内蔵されているセンサーが、磁石や無線送信機が近付くと反応する場合がある。

 こうした医療機器への干渉の可能性を排除するため、Apple製品は医療機器には近付けず、安全確保のために必要とされる距離を確保するよう説明している(15cm以内、ワイヤレス充電時は30cm以内には近付けない)。

photo MagSafeによるワイヤレス充電の様子

 米心臓協会は、iPhone 12 Pro Maxによる磁気干渉について検討した報告書「Magnetic Interference on Cardiac Implantable Electronic Devices From Apple iPhone MagSafe Technology」を公開し、その結果in vivo試験の3例中3例(100%)、ex vivo試験のデバイス11個中8個(72.7%)にiPhone 12 Pro Maxによる臨床的に検出可能な磁気干渉が確認されと報告している。

 この報告書が公開されたことにより、サポート情報が公開されたと考えられる。

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.