ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年08月13日 15時35分 公開

96時間以内の浸水リスクをピンポイント予測 ウェザーニュースに新機能

気象情報サービス「ウェザーニュース」に、地域別の浸水被害リスクを予測する新機能。96時間以内の浸水被害のリスクを2段階で予測する。

[松浦立樹,ITmedia]

 ウェザーニューズは8月13日、気象情報サービス「ウェザーニュース」で、地域別の浸水被害リスクをピンポイント予測する新機能を追加した。全国各地の96時間以内の浸水リスクを「ひざ・腰以上」「すねの高さ」の2段階で予測する。利用は無料。

96時間以内の浸水被害のリスクを2段階で予測

 同社独自の気象予測と、国土交通省や都道府県が公表している低位地帯情報、浸水想定区域データに加え、2018年7月の西日本豪雨で発生した浸水被害と当時の気象データをビッグデータとして解析。96時間以内の浸水被害を1kmメッシュでシミュレーションする。

 ウェザーニューズの調査によると、西日本豪雨で「避難すべき状況」と認識していたのに「避難しなかった人」は全体の約8割に及んだという。避難しなかった理由は「自分の周辺は大丈夫と思った」が4割以上を占めた。

避難しなかった理由

 同社は「水害は危険が迫っていることを直前まで感じにくいのが特徴」とし、「来週(8月16日週)は、西日本から東日本で大雨が予想され、多いところでは西日本豪雨に匹敵する雨量になる恐れもある。この機能を使って、早めの避難や安全確保に役立ててほしい」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.