ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2021年09月06日 13時21分 公開

PFN、AI創薬技術を開発 コロナ治療薬の「リード化合物」発見

PFNがAI創薬プラットフォームを開発。京都薬科大学との共同研究で新型コロナ治療薬の「リード化合物」の有望株を発見した。

[ITmedia]

 AI企業のPreferred Networksは9月6日、深層学習技術と自前のスーパーコンピュータ「MN-2」を使ったAI創薬技術を開発したと発表した。京都薬科大学との共同研究で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療薬の「リード化合物」の有望株を発見したという。

photo 発見した化合物を使った薬剤のイメージ(黄色の部分)

 リード化合物とは、実際の化合物を使って新薬を作る前に、候補となる化合物。AI創薬は、候補物質の探索、分子設計、モデリング、最適化などコンピュータで行うことで、創薬期間を短縮する技術だ。PFNは深層学習と豊富な計算能力を武器に、独自のAI創薬プラットフォームを構築しており、従来の方法では着想しにくい構造の提案もできるという。

 京都薬科大学との共同研究では、新型コロナウイルスの増殖に必須の酵素(メインプロテアーゼ)を抑えるリード化合物の発見を目指した。

 これまでに発見されている、新型コロナのメインプロテアーゼ阻害物質は、「ペプチド様化合物」に集中しているが、将来のウイルスの変異に備えるため、異なる構造の「非ペプチド様化合物」の発見を目指して研究を進めたところ、PFNの創薬プラットフォームが複数の化合物を提案。うち13化合物を実際に合成して活性試験を行った結果、7化合物で、新型コロナのメインプロテアーゼの活性を阻害する作用を確認したという。

photo PFNの創薬プラットフォームのイメージ

 PFNは今後も技術開発を続けるとともに、AI創薬に共同で取り組むパートナーを募集し、実用化に向けた研究を加速させるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.