ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2020年02月02日 19時27分 公開

AI活用で創製の新薬、日本で世界初の臨床試験開始

大日本住友製薬と英Exscientiaが、AIを活用して創製した新薬候補化合物の臨床試験を日本で開始した。AIにより、業界平均で4年半かかる探索研究が12カ月未満で完了した。AIが開発に関わった新薬候補を人間でテストするのは世界初。

[ITmedia]

 大日本住友製薬と英新興企業Exscientiaは1月30日、AIを活用して創製した新薬候補化合物のフェーズ1試験(健康な成人を対象に安全性を確認するための試験)を日本で開始したと発表した。

 この新薬候補(コードネーム「DSP-1181」)は強迫性障害治療薬として開発しているもの。業界平均では探索研究に4年半かかるところ、AIによって12カ月未満で完了したとしている。

 exscientia プレスリリース

 英BBCによると、AIで開発した薬の臨床試験はこれが初という。

 Exscientiaのアンドリュー・ホプキンスCEOはBBCに対し、「患者の診察や患者のデータ解析にAIが使われたことはこれまでにもあったが、今回は新薬開発にAIを直接使った」と語った。同氏は発表文で「AIの活用によって創製された本剤が臨床試験に入ることは、創薬における画期的な出来事であると考えている」と語った。

 Exscientiaは2012年創業のオックスフォードに拠点を置くAI創薬企業。昨年3月に大阪で子会社Exscientia株式会社を設立した。「独自のAI技術に熟練の創薬研究者を融合したCentaur Chemistプラットフォーム」で創薬に取り組んでいる。このプラットフォームは新規化合物を自動的に設計し、化学合成すべきものを優先付けるため、開発候補への最適化が迅速にできるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.