ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2021年09月06日 20時28分 公開

寄付すると香取慎吾さん作のNFTアートが受け取れる パラスポーツ支援のチャリティー企画

タレントの香取慎吾さんが、日本財団パラリンピックサポートセンターへのチャリティー企画をスタート。3900円を寄付すると、香取さん作のNFTアートを受け取れる。

[山川晶之,ITmedia]

 タレントの香取慎吾さんは9月5日、日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)へのチャリティ企画「香取慎吾NFTアートチャリティプロジェクト」を始めると発表した。NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)アートを用いた企画。基盤としてLINEのブロックチェーンを活用している。

 チャリティー参加費用の3900円を寄付した人は、パラサポ開設を記念して香取さんが2015年に描いた「i enjoy !」という壁画作品のデジタル版を、NFTアートとして受け取れる。作品には、参加した順番に応じたシリアルナンバーが付与される。

 NFTアートの基盤には、LINEの「LINE Blockchain」を採用。受け取ったNFTアートは、LINEのアカウントから登録できるデジタルアセット管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」で保管できる。同ウォレット内のNFTアイテムは、LINEユーザー間で交換することも可能だ。

 NFTは、デジタルデータの所有権をトークンとしてブロックチェーンに記録することで、データ固有の価値を証明できるのが特徴。最近では、デジタルアートの取引以外にも、ブロックチェーンゲームのアイテム交換や、コンテンツの流通に活用する動きが出ている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.