ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2021年09月15日 14時01分 公開

デジタル参考書200冊以上を月額980円で読み放題に 学習管理のスタディプラスが新サービス

学習管理サービス「Studyplus」を手掛けるスタディプラスが、学習参考書などの電子書籍サービス「Studyplusブック」を2022年1月に提供する。月額980円で参考書200冊以上が読み放題になるサービスなどを用意する。

[ITmedia]

 学習管理サービス「Studyplus」(iOS/Android)を手掛けるスタディプラス(東京都千代田区)は9月15日、学習参考書などの電子書籍サービス「Studyplusブック」を2022年1月に提供すると発表した。月額980円で参考書200冊以上が読み放題になる「Studyplusブック読み放題」などを用意する。

photo 「Studyplusブック」

 Studyplusブックはサービス内の本棚から教材を選択し、電子ビュワーで閲覧するサービス。文字の拡大・縮小に加え、音声再生機能や、一問一答形式の教材に対応する「暗記チェック機能」(一部教材のみ)にも対応予定。読み放題サービスでは、旺文社や東京書籍、山川出版社など出版社18社(21年9月時点)の参考書200冊以上が読めるという。

photo 読み放題サービスに参加中の18社

 紙の参考書購入時に付属させた専用コードから、同サービス上で電子版も読めるようになる「Studyplusブックコード」も提供する。提携中の出版社は21年9月時点で山川出版社、Z会ソリューションズ、京都書房、第一学習社の4社。22年度は提携先をさらに拡充する方針。

photo 「Studyplusブックコード」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.