ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2021年10月08日 08時00分 公開

人の気配を遠隔に伝える装置 静電気で体毛が“もわっ”とInnovative Tech(1/2 ページ)

人が近くにいる感覚を静電気発生装置で再現する技術。

[山下裕毅,ITmedia]

Innovative Tech:

このコーナーでは、テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア「Seamless」を主宰する山下裕毅氏が執筆。新規性の高い科学論文を山下氏がピックアップし、解説する。

 電気通信大学 梶本研究室の研究チームが開発した「Presentation of a Feeling of Presence Using an Electrostatic Field: Presence-like Sensation Presentation Using an Electrostatic Field」は、人の気配らしい感覚を遠隔地にいる相手に伝える静電気発生装置だ。

photo 静電気装置の外観
photo 着席したユーザーの横に静電気装置を設置し、前腕に静電気を発生させることで人の気配を錯覚させる

 遠隔コミュニケーションが人々の生活に浸透しつつある昨今、ビデオ会議などの映像と音声のやりとりだけでなく、より実在感のある雰囲気を伝える方法が模索されている。触覚、鼓動、温度などを用いた手法がその代表的なものだろう。

 今回のシステムは、近くにいるだけで身体に“もわっ”と感じる触覚を与える静電気発生装置。装置が稼働すると帯電し、近くにある身体との間に電荷の偏りが生じるとユーザーは“もわっ”とした触覚を得られる。 

 静電気発生には、「バンデグラフ発電機」という方式を採用。この発電機の内部には、 装置を帯電させるためのモーター駆動の回転ベルトがあり、ON/OFFの切り替えで制御できる。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.