ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2021年10月18日 08時19分 公開

分かりやすい詐欺に引っ掛かったがリカバーした話(1/4 ページ)

Facebook広告の詐欺商品に引っ掛かってしまった小寺信良さんはどう対応したか。

[小寺信良,ITmedia]

 発端は、Facebookで表示されるターゲティング広告だった。

 以前もFacebookの広告から撮影用アクセサリーを購入したことがあったので、筆者のアカウントでは撮影小道具などの広告がよく表示される。今回購入したのも、そういった製品の1つだった。

photo Facebookの広告

この記事について

この記事は、毎週月曜日に配信されているメールマガジン『小寺・西田の「マンデーランチビュッフェ」』から、一部を転載したものです。今回の記事は2021年10月11日に配信されたものです。メールマガジン購読(月額660円・税込)の申し込みはこちらから。さらにコンテンツを追加したnote版『小寺・西田のコラムビュッフェ』(月額980円・税込)もスタート。

 三脚ではなく、キャスター付きの折りたたみロッドである。ビデオ三脚はパンやチルトを行うために、固定の三脚+カメラヘッドが組み合わせられているが、高さ調節が不便だ。この商品は、パンやチルトといったその場の回転には向いてないが、フィックス撮影時の高さ調節には便利である。

photo 広告のリンク先

 ただこれ、価格が39.99ドル、およそ5000円弱と、異様に安いのが気になるところである。金属製に見えるが実は樹脂製、みたいなことも考えられるが、まあ固定で使えればいいか、ぐらいのつもりでオーダーした。支払いがPayPalなので、いざとなったら返金も可能だろう。

 オーダーは9月15日だったが、即日受領され、その日のうちに発送したとのメールが来た。

photo 当日発送の通知が

 トラッキングナンバーは書いてあるが、配送業者が分からないのでは調べようがない。そこで配送業者の問い合わせを、日本語、英語、広東語の3カ国語で連絡先のメールアドレスに送付したが、返答がなかった。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.