ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年10月21日 11時54分 公開

「nanaco」のApple Pay対応がスタート JCBやMastercardからのチャージも可能に

セブン&アイ・ホールディングスは、同社の子会社が展開する電子マネー「nanaco」がApple Payに対応したと発表した。JCBやMastercard、American Expressブランドのクレジットカードからもチャージ可能。

[山川晶之,ITmedia]

 セブン&アイ・ホールディングスは10月21日、同社子会社が展開する電子マネー「nanaco」がApple Payで利用可能になったと発表した。これまでAndroid向けのおサイフケータイには対応していたが、iOSへの対応は今回が初めてとなる。

「nanaco」がApple Payに対応

 これによりnanaco対応店舗での支払い時に、iPhoneやApple Watchをリーダーにかざして決済できるようになる。既存のnanacoカードからの移行や、アプリ内での新規発行(無料)も可能だ。また、物理カードと異なり「Face ID」などの生体認証も使えるため、防犯面でも利便性が高いとしている。

アプリ内から新規発行可能に

 通常のnanaco利用と同様に200円の支払いで1nanacoポイントがたまり、nanacoアプリ内で電子マネーに交換できる。「セブン-イレブンアプリ」「イトーヨーカドーアプリ」「デニーズアプリ」にnanacoの固有番号を登録して各店舗を利用すると、nanacoポイントとセブンマイルが加算される。

 nanacoカードへのチャージは、これまで店舗やセブン銀行ATMなどで可能だったが、Apple Payから直接チャージできるようになった。Android版ではクレジットカードからのチャージは自社の「7カード」に限定されていたが、JCB、Mastercard、American Expressブランドのクレジットカードからもチャージできるようになった。 

チャージは「Apple Pay」内で可能に

 紛失時にはiPhoneの「探す」アプリなどから端末をロックできる他、nanacoを端末から削除して新しい端末に引き継げる。nanacoの問い合わせセンターに連絡すれば、紛失・盗難処理できた時点の残高で、新しい端末への移行も可能だ。

 対応端末はiOS 15がインストールされているiPhone 8以降(SE 第2世代含む)、及びwatch OS 8がインストールされたApple Watch Series 3以降。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.