ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2021年11月09日 07時51分 公開

REvilなどランサムウェア攻撃の7人をユーロポールのGoldDust作戦で逮捕

欧州刑事警察機構(ユーロポール)は数千件のランサムウェア攻撃の犯人7人が逮捕されたと発表した。17カ国参加の「GoldDust作戦」の下、REvilやGandGrabの関係者を各国当局が逮捕した。

[ITmedia]

 欧州刑事警察機構(ユーロポール)は11月8日(現地時間)、数千件のランサムウェア攻撃を行ったとする7人の犯罪者が逮捕されたと発表した。

 europol プレスリリースタイトルは5人になっているが、7人の逮捕が紹介されている

 17カ国が参加する(日本は参加していない)「GoldDust作戦」の下、ルーマニア当局は4日にSodinokibi/REvilに関わる2人を逮捕した。この容疑者らは5000件以上の攻撃で50万ユーロ(約6560万円)の身代金を獲得したとされている。

 4日にはクウェート当局も「GandGrab」関係者を逮捕した。また、2月と4月に韓国当局がREvil関係者3人を逮捕した。10月にはポーランド国境で、米国からの国際逮捕状を受けて、ウクライナ人が逮捕された。

 GoldDust作戦では、 Bitdefender、KPN、McAfeeなどのセキュリティ企業も協力した。Bitdefenderは攻撃者が暗号化した人質データを復号するツールを提供した。

 Europolによると、復号ツールによって1400以上の企業が人質データの復号に成功し、4億7500万ユーロ以上の身代金を払わずに済んだという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.