ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2021年11月22日 10時45分 公開

DuckDuckGo、サードパーティによるトラッキングをブロックする機能をAndroidでβ提供

プライバシー重視の検索エンジンを手掛けるDuckDuckGoが、Android版ブラウザアプリのトラッキングブロック機能を発表。「App Tracking Protection」はバックグラウンドで稼働し、アプリによるトラッキングを検出してブロックする。アプリからβ参加を申し込める。

[ITmedia]

 「あなたを追跡しない検索エンジン」を謳う米DuckDuckGoは11月18日(現地時間)、Android版ブラウザアプリの新機能「App Tracking Protection for Android」のβ版を発表した。アプリ内から参加を申し込める。

 duck

 同社は新機能を「他のアプリに潜んでいるGoogleやFacebookなどのサードパーティのトラッカーをブロックする新機能」と説明する。

 DuckDuckGoの調査によると、人気のAndroidアプリの96%以上がサードパーティトラッカーを潜ませているという。

 米AppleのiPhoneおよびiPadでは、OSのバージョン14.5からアプリによるトラッキングにはユーザーの承諾が必要になったが、Android端末にはそのような機能はない。

 App Tracking Protection for Android機能を有効にすると、Androidアプリがサードパーティにデータを送信しようとするとそれを検出し、リクエストをブロックする。この機能はバックグラウンドで持続的に実行される。ローカルのVPN接続を利用するため、端末はこの機能をVPNと認識するが、アプリデータを外部サーバ経由でルーティングするわけではない。

 データ送信をブロックしている状態は、DuckDuckGoアプリで確認できる。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.