ITmedia NEWS >
ニュース
» 2021年11月29日 11時30分 公開

テレワーク中にちょっかいを出す猫には「おなかのポケット」に入ってもらおうCloseBox(1/2 ページ)

バウヒュッテの「にゃんガルーパーカー 2」を買って、猫を入れて仕事ができるかどうか試してみた。

[松尾公也,ITmedia]

 バウヒュッテが「にゃんガルーパーカー 2」という製品を出した。カンガルーが赤ちゃんを袋の中に入れて育てるように、タツノオトシゴが卵を孵化させて育てるように、ネコをおなかのポケットに入れてしまおうという画期的な商品である。最初の製品は2015年に登場して人気だったが、その改良版がリリースされたのだ。これがテレワーク環境でどのような効果をもたらすか、実際に購入して検証してみた。

photo にゃんガルーパーカー 2

 我が家のネコは、20歳を超えているのだが、甘え癖が全く抜けない。Macに向かって仕事をしていると横からツンツンされかまってくれと言ってくる。振り払っても何度目かには爪で突っつかれてギャッと叫ぶことも多い。

photo かまってちゃん

 猫からの要求はだいたいこんな感じだ。

  • 頭をなでろ
  • エサがないから入れろ
  • 膝の上に乗せろ
  • 水が少なくなったから入れろ
  • 耳がかゆいからかけ
  • お腹をなでろ
  • ウンコをしたから処理しろ
  • あごの下をなでろ

 膝に乗せてなでながら仕事ができればいいのだが、キーボードとトラックパッドを操作している前傾姿勢とネコを膝に乗せる姿勢は両立しない。

 それを解決できる画期的なアイテムが、このにゃんガルーパーカーなのだ。

 にゃんガルーパーカーは、ネコミミを備えたパーカー(フーディー)なのだが、最大の特徴は、おなかの巨大なポケット。ドラえもんの四次元ポケットのように、そこにネコを収納できるのだ。

 大型のネコだとそこに入りきれないのだが、少なくとも足掛かりはできるので、その状態で仕事を継続することが可能。本人(人じゃないけど)が飽きるまでその姿勢でいさせて、満足したら帰っていただく、ということができるのだ。

 実際に試してみた。

 ビデオ会議中に、ちょっかいを出してきたネコをにゃんガルーパーカーのポケットに入れてみた。以前、膝の上に乗せたときはすぐに降りてしまったのだが、今度はどうだろう。

photo 一応、タイピングもできる

 やはり全身を入れるには少々狭い。でも、ポケットの外側が適度に硬さがあり、足場がちゃんとできているおかげで特に嫌がりもせず、その姿勢のままじっとして、10分後くらいに出ていった。満足はしてくれたようだ。

 構造上の工夫もある。ポケットには硬い中敷きがあり、デスクワークをしているときでもネコの入り心地がよくなっている。ポケットの開き具合の調整もできるので、ネコに無理な姿勢を強いることもない。ポケットは比較的高い場所に位置しているので、普通にキーボード操作をしているくらいの姿勢と相性がいい。

photo 硬い中敷きが入っているので形崩れしにくい
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.