ニュース
» 2019年09月30日 07時30分 公開

自然エネルギー:岩手県八幡市で地熱発電所の建設がスタート、2024年に稼働を予定

三菱マテリアルらの共同出資会社が岩手県八幡平市でこの夏から地熱発電所の建設工事を開始。2024年4月の運転開始を目指す計画だ。

[スマートジャパン]

 安比地熱は2019年9月、同年8月から岩手県八幡平市で「安比地熱発電所」の建設工事を開始したと発表した。2024年4月の運転開始を目指す。出力は1万4900kW(キロワット)、シングルフラッシュ方式の発電所を計画している。

photo 発電所完成予想図 出典:安比地熱
photo 事業実施区域の位置図 出典:安比地熱

 安比地熱は三菱マテリアル、三菱ガス化学および電源開発の共同出資会社で、これら3社による地熱発電共同事業は、2019年5月20日に営業運転を開始した山葵沢地熱発電所(秋田県湯沢市)に次いで2地点目となる。2019年1月には、石油天然ガス・金属鉱物資源機構と同事業に関する債務保証に係る契約を締結した。

 安比地熱は、三菱マテリアルと三菱ガス化学が地熱発電事業を可能と判断したことで2015年10月に設立された。その後2018年6月には電源開発が新たに出資を行っており、3社により事業化を推進する。

 当初は2018年の建設工事開始を計画していたが、体制変更に伴って2019年の工事開始に変更した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.