ニュース
» 2020年10月14日 07時30分 公開

電気自動車:トヨタら6社が燃料電池トラックを実証へ、2022年に物流業務に実証導入

アサヒグループホールディングス、西濃運輸、NEXT Logistics Japan(NLJ)、ヤマト運輸、トヨタ自動車、日野自動車ら6社が、燃料電池大型トラックの走行実証を行うことで合意したと発表。2022年春頃から走行実証を開始する計画だ。

[スマートジャパン]

 アサヒグループホールディングス、西濃運輸、NEXT Logistics Japan(NLJ)、ヤマト運輸、トヨタ自動車、日野自動車ら6社は2020年10月13日、燃料電池大型トラック(以下、FC大型トラック)の走行実証を行うことで合意したと発表した。2022年春頃から走行実証を開始する計画だ。

開発する燃料電池大型トラックの完成イメージ 出典:トヨタ自動車

 今回の取り組みは、国内商用車全体のCO2排出量の約7割を占める大型トラック領域におけるCO2排出削減を目指すもの。FC大型トラックはトヨタと日野が共同で開発し、アサヒグループ・NLJ、西濃運輸、ヤマト運輸、トヨタの5社が、2022年春頃から各社の物流業務で実証走行を行う。

実証における走行ルートのイメージ。この他、愛知県内でトヨタの各工場と物流センター間での輸送にも利用する 出典:トヨタ自動車

 開発するFC大型トラックは、「日野プロフィア」(FR1AWHG)をベースとする25トンの車両を想定。新たに開発する大容量の高圧水素タンクを搭載し、航続距離は600kmを目指して開発を進める方針。

 幹線輸送に使われる大型トラックは、十分な航続距離と積載量、短時間での燃料供給が求められる。その電動化においては、エネルギー密度の高い水素を燃料とする燃料電池システムが有効であり、環境性能と商用車としての実用性の高次元での両立を目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.