キーワードを探す
検索

「ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

「日本人の生産性は低い」といわれて久しいが、無意味なルールや、「なんとなくやらなければいけない空気」のようなものが、効率化を妨げているようだ。C Channelを2年で10か国、SNSファン数のべ2500万人まで急速に成長させた森川社長に、効率化のコツとして、「データ収集」「仕様書」について話を聞いた。

()

経営者やリーダーの職についている人は読書をする機会も多いだろうが、先日『アクションリーディング』を上梓した赤羽雄二さんは、リーダーこそ「小説を読んだほうがよい」と提案する。また、コミュニケーションに関する本についても勧めている。その理由はどこにあるのだろうか?

()

「なぜあの人だけが……?」「なぜ私だけが……?」世の中は理不尽なことだらけです。ではなぜ私たちはそう感じるのでしょうか? そもそも「理」というのは世の中がそうなっているという「摂理」のはずです。そうであるにもかかわらず、理不尽なことがあふれているとすれば、それは逆に私たちが「理」と思っていることが実はそうでないと考える方が自然です。ではなぜそのようなことが起きるのでしょうか? それは私たちが「本来非対称なものを対称だと錯覚している」ことからきているというのが本書の仮説です。

()

「単に与えられた仕事をこなすだけではなく、自ら能動的に課題を発見していく力が求められる」というのは、昨今業界や職種を問わず言われている。ただしここには大きな落とし穴がある。それは、いままで重要視されていた「与えられた仕事を着実にこなす」ための価値観やスキルと「能動的に課題を発見する」ための価値観やスキルとは、180度相反するものだから。「発想が豊かになる」ためには、単に「これまで以上に頑張る」だけでなく、これまでの価値観を捨て去る必要がある。

()

急成長している会社に共通しているのが、複数の各専門コンサルタントを活用し短期間に自身の目指す仕組みを作り上げていること。ではコンサルタントを活用するために注意すべきこととは?

()

グローバルに仕事をするために必要なことの1つは多様性を受け入れること。そのために必要なことの1つが思考の柔軟性である。一般に思考の柔軟性は、特定領域での知識や経験を積み重ねるほど失われてくる。いつまでも「やわらかい頭」で柔軟に新しい物事に対処していくにはどのようにすればよいだろうか?

()

最近、気になっていることがある。職場で怒鳴ったり、声を荒げる管理職は、絶滅寸前である。部下には怒ってはいけないのが、大きな流れになってきている。しかし、果たして、それで良いのだろうか。日本企業の競争力や活力の源である闘争心を奪っていないだろうか。

()

日本はベンチャーが育ちにくい環境にある。資金面、大企業と取引するための信用など実績重視の評価はベンチャーには不利である。このようなベンチャーの過酷な環境を改善したいと、企業をまたがって立ち上がった20代の若者がいた。

()

「あの人の話は抽象的でさっぱりわからない」「抽象論はやめて具体的な話をしよう」……。このように、「抽象」という言葉がビジネスの場面で使われるのは、圧倒的に否定的な文脈においてでしょう。「具体が善で抽象は悪」……これは本当なのでしょうか? 本当は「具体と抽象の往復」こそが、ビジネスをうまく進める秘訣なのです。本稿では特に、必要以上に不当な評価を受けている「抽象」の有効性について考える。

()

「決算書くらい読めるよ」と言うリーダーはたくさんいるが、決算書が読めるだけでは単なる自己満足に過ぎない。決算書は読めるだけではなく、使いこなせるこそ初めて会社の利益に貢献する。

()

大きいに越したことはないが常識だった会社組織だが、さまざまな環境変化を背景として小さいことが強みになる新しい組織形態が可能になってきている。画一的に低コストの製品を大量に生産するための「20世紀型組織」を見直してみてほしい。

()

コンサル現場では、よく「実行できない計画」に出くわします。フォーマット通り、日程や作業工程、予算などを列挙しただけで、それぞれの実現性や必然性が明らかでない計画。これを実行に移しても、間違いなく遠からず頓挫するでしょう。計画は目標を達成するために立てるものです。ここでは、実行に効く計画の立て方を学んでいきましょう。

()

リーダーたるもの厳しい方がいいのか、それとも優しい方がいいのだろうか? どんなに人気がある監督だからといって、プロスポーツの世界で万年最下位の監督がその立場にい続けることはない。リーダーも同じで結果でしか評価されない。

()

「四十にして惑わず」――この孔子の言葉は、「狭い見方や小さな枠にとらわれず、心の迷いがなくなる」という意味だが、今の40代は人生で最も“惑う”時期。そんな40代に同世代の元気なビジネスリーダーから、これからの時代をパワフルに生き抜くための心得を伝授する。

()

ビジネスパーソンにとってメモは必須。しかし、そのメモをどのように取るかを可視化したものは存在していなかった。まじめにメモを取っていてもダメサラリーマンだった著者が研究し、たどりついた「捨てメモ」で可能性が広がった。

()

未曾有の大災害に直面した日本人に対して海外メディアはこぞって、結束力が強く根付いた国民性であることを報道した。しかし今、職場には強い結束力はあるだろうか。大きな危機に直面していないときでもバラバラな職場をまとめて、結束力を生み出すにはどうすればいいのか。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る