キーワードを探す
検索

「経営」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

数週間にわたってうわさされていたNVIDIAによるArmの買収が、ついに正式な合意に至った。NVIDIAは、400億米ドル(約4.2兆円)の株式と現金でArmを買収する。NVIDIAの創業者でCEO(最高経営責任者)を務めるJensen Huang氏とArmのCEOであるSimon Segars氏は、2020年9月14日(米国時間)に報道関係者とアナリストを対象に開催した電話説明会で今回の買収について説明し、Huang氏がこの機会に心血を注いでいることが分かった。

()

利害関係のある相手がいる状況で、自分と相手の利益を考え、最適な行動を決めるための思考法を「ゲーム理論」と呼ぶ。不確実性の高い現代において、経営層や管理職はどのようにゲーム理論を活用すればよいのか。米国・カリフォルニア大学バークレー校ハース経営大学院で准教授・鎌田雄一郎氏に聞いた。

()

 外食大手のコロワイドが定食チェーンの大戸屋ホールディングス(HD)に対して行っているTOB(株式公開買い付け)が8日に2度目の募集期限を迎える。今回のTOBは大戸屋HD経営陣が反対を表明している敵対的TOB。コロワイドが示した買い取り価格は大戸屋HD株の7日の終値(2954円)を上回っているが、約6割を占める個人株主の動きは読み切れず、攻防の勝敗は予断を許さない。

()

本連載では知財専門家である弁護士が、知財活用を前提とした経営戦略の構築を図るモノづくり企業が学ぶべき知財戦略を基礎から解説する。今回はモノづくり企業が広告活動を展開する上で留意すべき、比較広告やステルスマーケティングなどの諸問題点について解説する。

()

 ファミリーマートとの一体経営を目指してきた伊藤忠商事は、今回の株式追加取得のTOB(株式公開買い付け)成立で第1のハードルを越えた。ファミマの海外事業の立て直し、国内事業の強化に加え、デジタル技術活用による次世代型のリテール事業構築が急務だ。伊藤忠は上場廃止に向け、TOBに応じなかった投資ファンドなどからも株式を買い付ける必要があり、総投資額は約5800億円にのぼる見込み。巨額投資に見合う成果を出せるかが次のハードルとなる。

()

現場で発生する予算やコストを細かく把握し、管理する――。経営の透明性を上げようと管理システムを導入する企業にとって、実際にシステムを操作し、データを可視化する現場の負担は悩みの種だ。日本の主要な証券取引所を運営するJPXは、そんな状況を思い切って抜け出し、国内で当時実績の少ないツールを使ってシステムを刷新する決断を下した。その理由と、導入過程のさまざまなトラブルを切り抜けて得た教訓とは。

()

ヤフーを傘下に持つZホールディングス(ZHD)とLINEが進めている経営統合を巡り、2社を統合するために設立する合弁会社の名前が「Aホールディングス」になると韓国聯合ニュースが報じた。これに対し、ZHD親会社のソフトバンクは「当社から発表したものではなく、合弁会社の名称は正式に決定したものではない」と声明を出した。

()

新型コロナ感染拡大で品薄になっているハンドソープを高額で転売したとして、京都府警福知山署は24日、国民生活安定緊急措置法違反の疑いで、インターネットショップ経営の上本実容疑者を逮捕した。

()

 編集者がレストランを手掛けたら…。東京の大手出版社「KADOKAWA」が、今月、埼玉県所沢市に直営のレストラン「角川食堂」をオープンし、話題を呼んでいる。仕掛け人は、世界的ベストセラー作家、エラリー・クイーンの翻訳本などを手掛けてきた同社の元編集者、津々見潤子さん。「読書など活字文化は人生にとって欠かせない大切なものですが、『食べること』は生きるための根源。もっとこだわってもいいのではないか?」。長年こう考えてきた津々見さんは編集部を飛び出し、食の世界という未知の分野で挑戦中だ。無農薬野菜を採り入れた日替わり定食や、出版人もうなるオリジナルブレンドのコーヒーなど編集者の感性から繰り出す究極のメニューとは…。

()

米国が進めている中国製品の排除で、中国Huaweiの経営も打撃を受けている。Huaweiはスマートフォン製造に必要な半導体の調達が困難になっており、今後のスマホ販売には下押し圧力がかかりそうだ。

()

横浜DeNAベイスターズとKDDIが、横浜スタジアム(ハマスタ)をバーチャル空間に再現したサービスの無料トライアルを実施する。新型コロナウイルスの影響により、経営面で苦しい状況にあるプロ野球チームの新たな収益源とすることを視野も視野に入れた動きだ。

()

気象予測データをさまざまなビジネスに生かしてもらおうと、経営コンサルティング会社と気象情報機関が協業して総合コンサルティングサービスの提供を始めた。果たして、どんなサービスなのか。導入する企業にとってはデジタルトランスフォーメーション(DX)の足掛かりになりそうだ。

()

リモートワークが当たり前になる中で、筆者は「この状況にいち早く適応しようとしているのは若い世代の人たちで、むしろもっと意識改革をしなければいけないのは経営者、マネジメントの層だな」と感じていた。マネジャーがいま、見直すべきマネジメントの本質とは。

()

新型コロナウイルス感染症の影響で、準備の一環としていた競争法上の手続きが一部の国で滞っているとして、経営統合の延期を20年6月に発表していたもの。

()

新型コロナの影響で、バックオフィスにも変化の波が訪れた。これまでも「IT化」などの掛け声のもとで変化の機運もあったバックオフィスは、今度こそ変われるのか。後方支援部隊から経営の最前線へと歩を進めるために必要な「3つの美徳」について、業務設計士の武内俊介氏に話を聞いた。

()

 【ワシントン=塩原永久】グーグル、アマゾン・コム、フェイスブック、アップルの「GAFA(ガーファ)」と呼ばれる米IT大手4社の経営トップが29日、下院反トラスト小委員会の公聴会で証言する。事前に提出した証言書面で、各社は「ライバルや新興企業との競争は熾烈(しれつ)だ」などと指摘し、市場支配を通じて競争をゆがめているとの批判を否定した。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る