キーワードを探す
検索

「ブックオフ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

ビックカメラ傘下のソフマップは中古品買い取りサービス「ラクウル」の運営で「BOOKOFF」を運営するブックオフコーポレーションと業務提携すると発表した。新たにラクウルでミニカーや鉄道模型、フィギュアの買い取りをスタート。買い取った商品をBOOKOFFで販売する仕組みを構築する。

()

中古端末事業者向けに制定した「リユースモバイル事業者認証制度」で、日本テレホン、携帯市場、ソフマップ、ブックオフコーポレーションが認証を受けた。リユースモバイル・ジャパンの粟津理事長は、現在の中古市場で最も大きな課題はネットワーク利用制限だと言う。総務省に対して改善を求めていく。

()

ブックオフは、同社が運営する国内586店舗にバーコード決済サービスd払い、メルペイ、WeChat Pay(ウィチャットペイ)、Alipay(アリペイ)を導入した。すでに、楽天ペイ(アプリ決済)、Origami Pay、PayPay、LINE Payなどを導入済みで、合計8つのサービスを利用できる。

()

ブックオフコーポレーションは、11月20日に買い取り代金を電子マネーで受け取れる「スマホで受取コース」を一部店舗で開始した。決済ブランドは「LINE Pay」「au WALLET プリペイドカード」「Kyash」「ドコモ口座」「ソフトバンクカード」で、2020年3月には対応店舗を拡大する。

()

これまで現金支払いが主流だった、法人から個人への支払いに、キャッシュレス手段が加わる。中古品買い取りなどで必要となる、企業から個人への支払いを、さまざまな電子マネーなどで受け取れるサービスを、ヤマトホールディングス傘下のヤマトシステム開発が開発した。

()

ブックオフコーポレーションは、10月28日にマンションの宅配ロッカーを利用した「宅配ボックス買取サービス」を開始。ブックオフオンラインや公式アプリから買い取り申し込み後に「フルタイムロッカー」へ品物を投函(とうかん)すれば買取査定手続きが完了する。

()

破壊的イノベーションとは何か? 破壊的イノベーターになるにはどうしたらよいか? ダッソー・システムズ主催「3DEXPERIENCE FORUM Japan 2017」の特別講演に登壇した関西学院大学 経営戦略研究科 教授の玉田俊平太氏が「製造業のためのイノベーションの兵法」を分かりやすく解説してくれた。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る