キーワードを探す
検索

「食事」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

ANAは国際線の低糖質、低脂肪、低カロリー、低塩の食事4種類についてリニューアルを実施した。全ての乗客に多くの選択肢から食事を選べるように推進している“食のユニバーサル化”を通して、「すべてのひとにやさしい空」の実現を目指す。

()

2回目となった東京五輪では、各国の選手を陰ながら支えた選手村の食事が好評だったが、前回の1964年東京五輪でも、選手をもてなし英気を養ってもらおうと、料理人たちが腕を振るっていた。そんな前回大会の選手村の味が今……。

()

子供が未来をつかむきっかけを提供しようと、大阪府門真市が子供のための施設「子どもLOBBY」をオープンさせた。子供の貧困や孤立が問題となり、安心して食事や宿題ができ、遊べる居場所をつくる動きが全国で進むが、ここでは30もの民間企業や団体がプログラミング教育などで協力するのが特徴だ。

()

 群馬県邑楽町(おうらまち)は、ふるさと納税総合サイトなどを運営するトラストバンク(東京都渋谷区)と、町内の商店や飲食店で使えるデジタル地域通貨「コハクペイ」を7月1日から導入する。新型コロナウイルス感染拡大で疲弊する町内の経済活性化が狙い。第1弾として子育て世帯へ食事券を配布する。

()

群馬県邑楽町は、ふるさと納税総合サイトなどを運営するIT企業「トラストバンク」(東京都渋谷区)と、町内の商店や飲食店で使えるデジタル地域通貨「コハクペイ」を7月1日から導入する。新型コロナウイルス感染拡大で疲弊する町内の経済活性化が狙い。第1弾として子育て世帯へ食事券を配布する。

()

高級老人ホームが2024年秋に開業予定だ。ラウンジやライブラリー、スパ、フィットネスなどの施設は当たり前。プライベートガーデンやお茶や軽食が楽しめるティーパビリオン配置まで計画しているという。食事は帝国ホテルと連携する。今後も盛り上がりが期待されるシニア市場に乗り出す富裕層向け老人ホームの気になる内装や設備とは。

()

観光タクシーがうどん店をめぐる様子をWeb中継して、自宅にいながら食事も楽しむという「オンラインうどんタクシー」のツアーに新たな名物が登場した。新型コロナウイルスの感染拡大で、長期にわたってダメージを受ける観光産業だが、事業者同士で手を取り合って活路を模索する取り組みにもなっている。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る