キーワードを探す
検索

「東京メトロ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

コロナ禍で企業の在宅勤務が進む中、港区赤坂に完成したシェアオフィスに、地方の放送局の東京支社が相次いで移転した。移転しているのはTBSをキー局とするニュースネットワークであるジャパン・ニュース・ネットワーク(JNN)系列の地方局。その狙いに迫った。

()

「また変なカタカナ言葉が出てきたぞ……」いきなり出てきたように思える言葉「ワーケーション」って一体何なのでしょう。ちょっとした誤解を解消し、「あぁ、そういうことなのね」と思えるよう、観光分野にも詳しい乗り鉄・書き鉄の筆者が解説します。

()

コロナ禍でテレワークが拡大し、オンライン会議などが活発化する中、個室型オフィスが存在感を発揮している。インターネット環境が安定しているのが強みで、ネット面接に臨む就活生にも好評だ。

()

JAGフィールドは、建設業界で3年以上働いている1112人を対象に、建設業界への展望についてリサーチした。結果、建設業界が最も力を入れるべきインフラの整備として「老朽化した東京の下水道の整備」や「リニア中央新幹線の開通工事」が期待されていることが明らかになった。

()

AndroidおよびiOS版「Googleマップ」で、首都圏の鉄道と地下鉄のリアルタイムの遅延情報と位置情報が表示できるようになった。駅名横の電車・地下鉄アイコンをタップすると、各路線で走っている電車の位置も表示される。データは「公共交通オープンデータ協議会」のもので、2022年1月31日までの限定サービスだ。

()

「東京23区、中古マンション価格が安い駅ランキング 2021年版」。東京23区内かつ駅徒歩15分圏内にある中古マンションの価格相場を、シングル向け(専有面積20平米以上〜50平米未満)と、カップル・ファミリー向け(専有面積50平米以上〜80平米未満)に分けてランキング化。結果は?

()

 新型コロナウイルスの感染拡大による人の移動の変化を機に、カーシェア業界が対応を模索している。テレワーク普及などもあって都市部を中心とした法人利用や観光客利用が振るわない一方、自宅を活動拠点とする会社員を含めた個人会員は増加。公共交通機関を敬遠したカーシェア通勤など新たな利用シーンも登場しており、各社が取り組みを加速させている。

()

リバブルアセットマネジメントは、入居者の利便性向上とコロナ対策の一環として、開発・保有する賃貸マンションシリーズ「リバーレ」のうち、東京都台東区にある「リバーレ浅草ウエスト」にライナフ製「検温機能付きAI顔認証エントランスシステム」を導入した。

()

東京メトロも、大みそかから元旦にかけての終夜運転を全線で取りやめる。元旦限定のロマンスカー「メトロニューイヤー号」の運行も中止する。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る