ITmedia NEWS >
コラム
» 2009年10月06日 07時00分 UPDATE

Windows 7に「スティーブ・バルマー」エディション どうすれば手に入る?

Windows 7にはスティーブ・バルマーCEOのサイン入りの特別エディションがあるらしい。手に入れるには、Windows 7の発売を祝うホームパーティーを開かなければならないかもしれない。

[Nicholas Kolakowski,eWEEK]
eWEEK

 今月、Windows 7発売記念「ホームパーティー」を開くのをまだためらっている人はいるだろうか?(訳注:Microsoftはパーティー企画サービスのhouseparty.comと協力して、Windows 7プロモーションの一環として、発売記念ホームパーティーの主催者を募集している)

 以前の投稿で書いたように、皆さんがそんなふうにためらうのはごく自然なことだ。たとえパーティーを主催して「Signature Edition of Windows 7 Ultimate」と「Windows 7 Party Pack」をもらい、抽選で750ドル相当のPCが当たるチャンスを手に入れても、友人からちょっと変な目で見られるリスクがあるのだから。そのパーティーがhouseparty.com――人並みに分別ある市民にFordのような企業ブランドのためのパーティーを開かせる企業――に頼まれてやるものなのだから、なおさらだ。

 でも、ちょっと待って聞いてほしい。「Signature Edition of Ultimate」はなんと、スティーブ・バルマーのサイン入りなのだ。これは非常にエキサイティングだ。このニュースをちょっと聞いただけで、わたしのデスクをオフィシャルパーティー用の装飾セットで飾りたくなったくらいだ(houseparty.comによると、セットは「PhotoPalooza」「MediaMania」「Setting Up with Ease」「Family-Friendly Fun」から選べるという)。

 Windows 7スティーブ・バルマー・エディションに入っている新機能はどんなものだろうか? まず、箱を開けると200デシベルで「デベロッパー! デベロッパー! デベロッパー!」と叫ぶ。それから近くにあるiPhoneを壊そうとする

ah_ballmer.jpg

 (皆さん、わたしは今週はずっとここにいるので、ステーキを食べよう。帰るときには駐車券を有効にしてもらうのを忘れないように。)

 実際は、スティーブ・バルマー版の目玉は、バルマー氏のサインが入った金のバンド(ビル・ゲイツ氏のサインとシリアルナンバー入りのWindows Vista Ultimate限定版のようなものだ。ちなみにこの限定版はAmazonで「中古」の状態で109ドルで売られている)。「全部入りが欲しい人」向けのバージョンとうたわれているUltimateには、Windows XPモード、BitLocker To Go、64ビットハードを活用するための気の利いた改良などが含まれている。

 Ars Technicaではバルマー・エディションとパーティーパックの写真が幾つか公開されている。ケイマン諸島に住むWindowsファンが、自分の住む場所がホームパーティーの対象地域外であることに怒り、バルマー氏に苦情のメールを書いて手に入れたもののようだ。

 このファンがメールを書いてから3週間後に、郵送でパーティーパックとバルマー氏自らサインしたSignature Editionが送られてきたという。

 それでもパーティーをやる気にならないだろうか? Microsoftのサイトを探してみたところ、Signature Editionを予約できるところは見あたらなかった。サイン入りバージョンが欲しければ、我慢してホームパーティー企画に登録し、質素な家を「Family-Friendly Fun」セットで飾らなければいけないのかもしれない。

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.