レビュー
» 2006年07月21日 18時13分 UPDATE

「Opera 9」で自分だけのウィジェットを自作する

 他人と違ったことをやりたい――という人は「Opera Widgetize!」で、自分だけのウィジェットを作ってみよう。

[鷹木創,ITmedia]

 Opera Softwareの最新Webブラウザ「Opera 9」では、「ウィジェット」と呼ばれる独自形式のアプリケーションが利用できる。7月19日、このウィジェットを自作できるサービス「Opera Widgetize!」が発表されたので早速試してみた。

st_op02.jpg Opera 9
st_op01.jpg 日本語版はダウンロードサイトで入手可能だ。

 Opera Widgetize!で作れるウィジェットは今のところRSSリーダーのみだが、数回のクリックで作れるので試してみるのも悪くない。自分だけのウィジェットを作れるだけでなく、ブログなどに貼り付けて読者に利用してもらうことも可能だ。

ウィジェットを作ってみよう

 

st_op04.jpg Opera Widgetize!にOpera 9でアクセスしたら「Create a Widget」をクリック

 

st_op05.jpg 1)「My Opera」と同様のルックアンドフィールを備える「Advance」、クラシカルスタイルの「Classic」を選択する、2)右側にはプレビューを表示

 

st_op06.jpg 3)ウィジェットの名前を入力しよう、4)購読したいサイトのURLなどを入力する。国内サービスなど、直接URLを入力したい場合は下段に入力、5)好きなスキンを洗濯しよう。ここはAdvanceのスキンだが、Classicには別のスキンが用意されている。 

 なお、編集部でいくつかのサイトのRSSを登録して試したところ、RSS 0.91/1.0ではうまく接続できないことがあった。Biz.IDではRSS 2.0も用意しているので、RSS 0.91/1.0/2.0のうち接続できるものを利用してみてほしい。

st_op07.jpg 入力例

 

st_op10.jpg 一部欧米のブログサービスはプルダウンメニューでも選択できる

 

st_op08.jpg 最後に「Try This Widget」をクリックするとウィジェットを生成できる。画面下部にあるコードをブログに貼り付ければ、ほかのOpera 9ユーザーにも配布できる
st_op09.jpg ウィジェットを保存すればOpera 9のメニューバー「ウィジェット」から簡単に呼び出せるようになる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -