インタビュー
» 2008年11月05日 12時30分 公開

ひとりで作るネットサービス:ほかの人の作品は見ません――「武器ジェネレータ」ららぴまさん (3/3)

[田口元,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

「ジャッキー・チェンしか好きじゃない!」の理由

 「誰ともかぶらないものを作りたい」。ららぴまさんはオリジナリティにとことんこだわっている。彼が「ジャッキー・チェンしか好きじゃない」と言い切るのも同じ理由だ。ジェッキー・チェンは、ブルース・リーの二番煎じと言われないように、自分だけのオリジナリティを追求した。

 ららぴまさんのお話を聞いていると、そうした強いオリジナリティを端々に感じることができる。「PCデータは、基本的に外付けのHDDに保存します。ほかの人とは逆ですよね。これは、もしPCが盗まれるとしたら、きっと本体の方だろう、と考えているからです」

 バッグは基本的に持たない。「僕がバッグを持っているところを見た人はそんなにいないと思います」。持たない理由は「どこで襲われても、(ジェッキー・チェンのように)アクロバットで身をかわさないと意味がないですから」と笑う。一時、ブレイクダンスが趣味だった。「ブレイクダンスではオリジナリティが求められます。どんな凄い技でも、たくさんの人が使っている技だと評価されないのです。そこが好きです」

 一番の趣味は「サプライズ」。友人の誕生日に自作のゲームパッケージを作ったり、マンガを描いてプレゼントすることもあるという。「誕生日じゃなくてもいきなりプレゼントすることもありますね」

 人とは違う、自分だけのアイデアをカタチにし続けるららぴまさん。今回の取材でも「武器ジェネレータ」の計算で苦労した点をまとめたという資料文書を持ってきてくれた。「頂点の数が異なる図形の補間の仕方」というタイトルのその文書、学術的な論文かと思いきや、最後は合コンネタでうまくまとめられていた。彼が次にどんな作品で驚かせてくれるのか、今から楽しみである。

(左)頂点の数が異なる図形の補間の仕方、(右)友人へのプレゼント用に作った「Tick or Fly」

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -